専門学校はお勧めしない理由②課題をこなすだけの毎日

総合的に見て、専門学校に行くのはお勧めしないと

前回のお話の中で話したわけだが、

イラストを学ぶのが目的であれば、少しは行く価値はあるのかなと思う。

 

分からない所は先生に聞けるしで、独学よりかは

成長するとは思う。

 

だが改めて、就職が目的の人は行くのはやめたほうがいいだろう。

なぜなら、高確率で就職できないからだ。

自分の望んだところに就職できない確率が高い。

 

僕もやはり、就職の際キャラクターイラストを描きたい!と思い

そっちの会社を40社以上回ったが、すべて不合格だった。

なので仕方なく、ゲーム会社のデバッガー&プランナーとして入ったのだ。

これはこれでいい経験にもなったので、

いつかのタイミングで話していこうと思う。

 

少し脱線してしまったが、タイトルの通り、「課題をこなすだけの毎日」

本当にこれである。

 

専門学校は色々な授業が取れたりするが、

やはり学業だけで忙しいほどのスケジュールになっているところがほとんどだと思う。

 

そして基本的に、授業の最後には課題を渡される。

 

いろんな授業の課題を持っている状態だ。

 

つまりどういうことか?

他の授業に行っても、授業中に課題をやらなければ間に合わなくなってくる。

もちろん帰ってから課題を終わらす方もいるだろうが、

僕も含め基本的にはみなさん学業と並行してバイトなどもしている。

 

なので、授業中にやるしかなかった。

 

するとどうなるか?

自分が受けたいはずの授業も片耳で聞くしかないし、

先生がそんな状況を見てなのか、授業の後半は課題タイムになることがよくあった。

 

そんなでは、その授業を取った意味も薄れるし、

本当に課題をただひたすらこなすだけの毎日だったと

今思い返しても、思う。

 

しかし、その分メリットがあるとするならば

ひたすらイラストを描くので、学校作品もたくさんできるし

画力が上がるという面では少し意味があるのかなとは思う。

 

しかしあなたが理想としているのは、

イラストをもっと勉強して、いろんな専門分野も習って、

たくさん友達作って、就職する!

とかだと思うが、あまり意味は僕の中にはないと思うので

お勧めはしない。

 

なんといっても高すぎる学費を払ってでもそこに行く価値はあるのか?

そう考えると、僕はお勧めはできない。

 

僕も足りない分は親に借金をして行かせてもらったが、

親のお金だからと、適当に授業を受けてはいけない。

親も必死で汗水垂らしながら稼いでくれたお金である。

当たり前とは思わずに、たくさん吸収することを頭に置きながら

専門学校で過ごすのが、後々自分のタメになる良い過ごし方だと思う。

 

今回は、課題に追われる毎日について説明したが、

これは僕が体験したことであり、一例と考えていただけるといいと思う。

全ての専門学校が当てはまるとは思っていないが、

ほとんどの専門学校には当てはまっていると思う。

 

専門学校に頼りすぎると痛い目を見ることになるので、

専門学校の中で、どう過ごせば価値があるのか?

そんなことも説明していこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA