ついに韓国到着!気になるお部屋は?

韓国についに到着した。

前々から言っていた韓国留学をするため、韓国に到着した。

韓国で通う学校は「ベストフレンド韓国語学校」という所なのだが、そこで契約しているワンルーム(新村)に住み始めたのだが、とりあえず部屋はこんな感じになっている。

・キッチン

普通のキッチンという感じ。左手から冷蔵庫(冷凍庫もある)、電子レンジ、洗濯機、ガスコンロ、シンク、洗剤のような感じになっている。

棚入れの中にはフライパン、鍋、包丁、簡易まな板、サランラップ、お皿、お茶碗、コップ、銀箸、銀スプーンなどがあった。

そして、一つ驚いたのが、紙のお皿(ボウル)も用意してくれているのだが、なんと、、、、

日本製!

こういうものを見るとなんか嬉しいものだ、、、

ということで、食卓周りは十分すぎるほど充実していると個人的に思う。ただ、食器スポンジや洗濯用の洗剤がなかったので、そこは買い足す必要がある。

 

お次は

・トイレお風呂周り

ここではトイレとシャワーが一緒になっている。(当たり前だが浴槽まではない)

右側は写っていないが、同じくらいの空間があって、そこにシャンプーやら石鹸やらを置いて、シャワーできる空間になっている。(初めから温水出るよ)

トイレに関しては、もちろんウォシュレットなどはないが、紙を流せるトイレなので、普通にトイレも問題なくできる。

こちらも全然不満はない。

 

お次は気になる

・お部屋(寝室)

左のモニターは、備品でテレビになっている。

ベッドは固いのではないかと心配していたが、予想以上にふかふかしていた。少しスプリングが固くて気になる人はいるかもしれないのだが、もちろん寝れないレベルではない。

この時は夜だが、日差しもしっかり差し込む部屋で、エアコンも使えるので、涼しく過ごせた。

クローゼットもあって、ハンガーいくつか、ドライヤー、トイレットペーパーも入っていた。

その下には二段引き出しがあり、服や下着などいろいろなものを収納できる。

大きな勉強机もあり、そこにもまた引き出しなどが合って、収納周りは全く困る要素がないと感じた。

キッチンから見たイメージはこんな感じだ

部屋の広さは6畳くらいかなと

という感じで、現状部屋に対しての不満はなにもないかなと!

 

一つ最初に、知っている人も多いと思うのだが、電気のコンセントの形がそもそも違っていて日本でのコンセント形状のものでは入らない。

当たり前だがこの変換機も用意してくれていたので、困ることはなかった(最初見当たらなくて焦ったがクローゼットの中に)

プラグは2つまでさせるのだが、恐らくあまり差し込みすぎるとブレーカーが落ちたりする可能性もあるので、追加のテーブルタップを買ったりするときなどは、どれくらい電気を使用すると落ちるのかなど把握しておこう。

 

また、韓国の飛行機の中で渡される紙(貴重品持っているかなど)の書き方があまりわからず、隣の女性の方に頑張って話したら、すごい丁寧に教えてくれてとても助かった。

1つ書き終わったら、次ここはこう書くんですよみたいな感じで教えてくれたのは、日本とは少し違うなと感じた。

道を聞いたらすごい丁寧に教えてくれる人もいたが、少し冷たい人もいたり笑

そういうのを楽しむのも一人旅の醍醐味ではないだろうか。

 

また情報があり次第更新していく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA