新しいサウナ開拓の旅:新村

韓国と言ったらやっぱりサウナ(チムジルバン)が有名。

いつも僕が韓国に来るときは、トンデムン歴史文化公園(ddp)前のgoodmorning city地下3階にあるサウナに行っているのだが、毎回そこも少し飽きてきたし、せっかくだから新しいところも開拓しようと、今住んでいる新村から探してみることにした。

とりあえずたまたま、いつもと違う道を歩いていると、遠くの建物の上に사우나(サウナ)と書いてあったので、行ってみることにした。

場所は新村駅(地下鉄)8番出口を出た道をまっすぐ200mほど歩いたところにある。まっすぐ進むだけで着くので、行くのはとても簡単。

昔の床屋のようなクルクル回転しているのが目印。あと地下鉄の出口っぽい見た目。

結論から先に言おう。

サウナを楽しみたいなら、行くのは絶対にお勧めしない。

まず規模が小さすぎる。。。

最初にお会計をするのだが、料金は6000ウォン(600円ほど)。

これは、トンデムンのサウナと比べると、約10000ウォン安い。値段はとてもいいのだが、、、

つまり、それだけの施設ということだ。

説明すると、浴場は垢すり、サウナ1つ、あったかいお風呂1つ、冷たいお風呂1つ。だ。

それが約20畳くらいのスペースに詰まっている。

別のサイトの記事でも書いてあったのだが、体を洗いたいだけの人以外はお勧めしないとの事で、まさにそれだと感じた笑

 

そして、一般的なサウナだと最初にサウナ用の服をもらい、休憩スペースに行って休憩したりのんびりしたりするもの。

しかしそこではサウナ用の服をもらえず、買わなくちゃいけないとの事(2000ウォン)。笑

しかし、「買わなくちゃいけないんですか?」みたいな感じで聞いたら、最終的には、「そのまま自分の服でもいいよ。」と言ってくれたので、自分の服のまま、休憩スペースに。(多分買わなくちゃいけないっぽいのだが、その場の雰囲気で買わなくても休憩スペースに行けると思うので、無理に買う必要はないかなと)

写真の部屋の左側にはもう少しスペースがあるのだが、本当に寝るだけの仮眠室ってところ。

学校の宿題があったので、ここでしばらく勉強していた。

 

ということで、サウナを楽しみたい人にはお勧めしない。

しかしとても安いので、少しお財布の紐が固い人や別に気にしない人であれば、行ってみてもいいのではないだろうか。

 

ただ本当に小さくて、それ以外の事は特にない。

次はしっかり楽しめるところに行ってみたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA