弘大(ホンデ)のナイトクラブVERAの実態とは!?

ホンデと言えば、有名な芸術学校「弘益大学(ホンイクテハッ)」があり、昼間は学生街として有名だが、夜中になると、夜の街として姿を変える。

特にナイトクラブがひしめき合っている中で、チキンハートの僕が1人でVERAというクラブに潜入してきた。

 

地下鉄2号線「弘大入口」駅すぐのクラブVERAに到着。

入口でパスポートを見せて、いざ中へ。

入場料はコネストの方で金土曜日は20000ウォンと書いてあったのに、なぜか25000ウォンを要求される。

時間によってや、観光客はぼった食ったりする場合もあると知っていたので、仕方なく払うことに。

 

詐欺!?ドリンク1杯サービスチケットの実態

ここでドリンク1杯サービスチケットをもらうのだが、いざビックリ。

7000ウォンと書いてあるアルコールを頼むと2000ウォン要求された。

てことはこのチケット5000ウォン分の価値しかないってこと??と思い、5000ウォンで提供しているドリンクのメニューを見ると、僕のみた限り、全部ソフトドリンクだった。

これは酷い。。。せめて一番安いアルコール(7000ウォンのやつ)はサービスで提供してよ。。

まあ、しょうがないか。。。もう知らん!楽しむぞぉ!!と気持ちを切り替える。

 

意外!?韓国男性は意外と消極的

韓国人男性って積極的な人が多いと聞くが、どちらかというと積極的な人は少ないと感じた。

単純にダンスを踊りに来る人もいれば、壁の隅でずっと様子を伺う人も意外と多かったり、誰かに声をかけるというのは少ない印象だった。

 

混雑時間と美男美女について

施設以外で気になる点。

僕は金曜日の11時ごろからVERAにいたのだが、その段階ではまだ施設を歩き回れるくらいの人混み。

しかし、12時を過ぎる頃にはすでに満杯。歩くのも少し疲れる。

美男美女については、美女は多い印象だったが、美男に関しては、あまりいないと感じた。

イケメン狙いの女性はVERAは避けたほうがいいだろう。

 

VERAの広さ・音楽

暗くてわかりづらく申し訳ない。

まず、広さだがコネストの方には800名収容の大きさと書いてあったのだが、本当にそんな収容できる!?というレベルの広さ。

一般スペースとVIPスペースに分かれるのだが、一般スペースなんか100人収まればいい所。

VIPスペースも100名ほどの収容スペースなので、僕が見た感じVIPでもない限り、100名前後の収容スペース。

しかも、床はポイ捨ての山だし、なんか濡れてるし。これには残念。。。

僕がここに決めたのは800名収容の広さとエレクトリックな音楽という理由。

 

まあ、まだエレクトリックな音楽が残っているじゃないか!

それに希望を残す僕だったが、流れてくる音楽は確かにエレクトロ。盛り上がるは盛り上がるのだが。。。

 

曲数が少ない!!

 

3曲ぐらいを延々ループしている感じ。

またこの曲!?って何回も思ったくらいに。

 

せっかく高いお金も払ったんだから楽しまなきゃ!

 

チキンハートな僕は自らに課題を課した。

「せめて1組くらい声掛けないと帰れまてん」

 

事前にお酒は飲んできたのだが、あまりの期待外れに酔いは覚め、ほぼシラフの僕にとってはなかなか勇気がいる。

日本人もチラホラいたようなので、日本人の女性とお話しできたらなと思い探していると、踊りに飽きていそうな美人さんが!

ただ、見た目が韓国のガールズグループにいそうな超美形のザ・韓国人。

ダメ元で話しかけると、めちゃめちゃ話しかけないで~という感じの表情をされて、ガラスのハートにヒビが入る。

 

だがしかし!なぜか火が付いた僕は2組目3組目と話しかけたが、今度は聞く耳すら貸してくれなくて、ガラスのハートがついに割れました笑

 

まあそうだよね笑

しかし行動が大事!僕は不思議と満足していた。

 

まとめ

クラブVERAは狭い!それを狭いというか主観ではあるが、間違いなく広くはない。

床にはたばこもポイ捨てされるし汚いし、音楽も曲数が少なすぎてつまらないし(まあ、この時はたぶんDJがはずれ)。

時間帯としては12時過ぎからが混雑のピークなので、人がたくさんいたほうがいいという人は12時過ぎころに行くことをオススメする。

 

行ってみようという人は、以上の点を踏まえたうえで行くように。

 

あと、1人ナイトクラブは2度と行かないことにした笑

 

クラブVERA

アクセス:地下鉄2号線「弘大入口」駅9番出口約徒歩2分
住所:마포구 서교동 356-1(googleマップにコピペで大丈夫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA