韓国に短期留学に行ってきます、、、

韓国について

韓国は僕にとって、不思議な存在である。

親が韓国人につき、TVは割と韓国ドラマや韓国バラエティ。
物心つく前にはしょっちゅう韓国に行っていたそう。

そんな環境の中で育ってきたためか、割と最近になって、改めて韓国に触れてみたい。
韓国の文化であったり、人柄、独特の街並み、雰囲気。

 

20歳くらいの時になってから2回ほど行った。
だが、特にやることはない。。。

女性は美容、ファッション、韓国料理に明け暮れることができるが、男性はこれと言って特に、、、

結局韓国に行った2回とも家族に同行し、民俗村やら、市街地を歩いて回ったりしたが、
もちろん家族も韓国人。韓国には飽きるほど行っている。

 

だが行く。飽きてるけど行く。
おそらく飽きたとかっていう感覚じゃないのかと。。

 

「なんか行きたい」
やることはないけど、とにかく行きたいんですよ家族は笑

おそらく僕もそういう気持ちになってきたのかなと思う。
特にやることはないけど、なんか行きたい。

 

あの独特の街並み、雰囲気、空気、文化の違い。
なんか、「ここが俺のホームだぁ!」って気持ちになれる場所。

 

僕は2018年6月に渡韓予定。
ほんの少し短期留学に行ってくる。

向こうに行って、語学を学び、文化に触れ、生活をする。何の変哲もない日常を韓国でしてみたい。
そこに明確なゴールはない。設定していないのだから。

 

そんなのただ遊びに行くだけじゃない?
そう言われた。
答えは半分YESだ。

結局は主観である。みなさんは遊びに行くと思われるかもしれない。
僕も否定はできない。。1割ほど

 

僕の中での定義は、遊びに行くのではなくて「人生の経験をしに行く」
壮大なテーマのように聞こえてしまうが、こんなところである。

 

別に、韓国に行くこと=人生の経験にはならない。
そこでどういう考えを持って、どういうアクションを起こすのかがとても重要になってくる。

なにも人生、日本だけではない。
海外で活躍される日本のアーティストは一杯いるし、むしろ会社組織の中で縮こまりながら社畜で収まるつもりは1ミリもない。
そんなものは御免だ。

行きたいときに、行きたいところへ行く。そんな人生にあこがれる。

向こうでは学校に通いながら、ライブペイントをやったり、自分なりの目的を持って情報発信などをしていくつもりだ。

僕にしか書けない記事を配信していく予定なので、皆さんも是非チェックしてほしい。

僕も皆さんにどれだけ役に立つ情報を提供できるのか、模索しながら進んでいこうと思う。

 

次の記事はこちら↓

みんな大好きソウル!ソウルの人気スポット:参鶏湯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA